狭心症 病院 何科

狭心症になったとき病院で何科を受診すればいい?/循環器科?内科?

スポンサーリンク

 

狭心症を知らないという方や、狭心症のことを知っていても病院で何科を受けるのか知らない方もいると思います。
そこで、この記事では「狭心症とは何か」「原因・症状」「病院で何科を受診すればいいのか」について説明していきます。

 

 

 

狭心症とは…

 

まず狭心症についてですがストレスや身体的な疲労で起こる発作からストレスや疲労に関係なく起こる発作まで様々です。

 

原因ですが、心臓の血管が何かしらの原因で狭くなることで血の流れが阻害されてしまい一時的に心筋が虚血症状になってしまうことです。

 

 

 

症状

 

症状は「胸が締め付けられる」「胸が詰まる感じ」など初期症状では気付かないものまであります。
胸の痛み以外にも「胃が重たい」「喉が詰まる」といった初期症状もあります。

 

痛みが無かったり初期症状で狭心症と気付かないで悪化してしまうと発作が長くなったり頻繁に起きてしまいます。

 

「狭心症」は心臓病のなかでも頻度が高く、動脈硬化が原因として起こるので生活習慣を上手くコントロールし進行させないことが大切です。

 

スポンサーリンク

 

何科を受診すればいいのか?

 

病院には様々な診療科があるので何科を受診すればいいのかわからない方がいると思いますが、何科を受けたらいいのか最初から知っておくことで病院に行ったときに助かります。

 

「狭心症」の場合は何科を受診するかというと「循環器内科」です。

 

「循環器内科」は心臓と血管の内科なので胸の痛みなどで病院へ行った場合は心臓を診てくれる「循環器内科」が適切です。

 

何科を受ければいいのかについて説明してきましたが、一般的な内科でも初期的な対応はあるので「循環器内科」が近くにない場合は内科を受診することも適切です。

 

 

 

予防することが大切

 

病院で何科を受けるというのも大切ですが、まずは「狭心症」にならないことが基本です。

 

予防としては先程も説明したとおりに動脈硬化を進行させないことで、禁煙・糖分・塩分などのとりすぎに注意し適度な運動をすることが大切です。

 

「この症状は狭心症?」「発症したのではないか」と感じた方で生命保険に入られていない場合には治療費用を考えて保険に入ることも検討してみてください。

 

実際に相談することは簡単なんですが、お店に行かなければ相談することが出来ないこともあります。
そんな時には自宅に訪問してくれたり、レストランなどで相談できる「保険見直しラボ」が便利です。

 

お店に行かないと信用が出来ないと感じる人には「LIFULL保険相談」がオススメです。

 

「狭心症」の症状に似ていたり、胸の痛みが強い場合は悪化する前に病院を受診し、適切な治療を受けることが大切です。

 

スポンサーリンク

狭心症でも生命保険に入れます

狭心症になると検査データによって生命保険に加入できないことが多々ありました。
しかし、現在では問題はクリアされています。

少し割高になるものの生命保険に加入することが出来ます。
これを引受基準緩和型保険と言います。

かといって生命保険のプランはものすごく複雑ですので保険ショップへ相談してみてはいかがでしょうか?
安心して相談できる保険ショップを紹介します。

自宅やファミレスなどで相談を受けたい人はコチラ→保険見直しラボ

店舗へ行って相談をしたい人はこちら→LIFULL保険相談

店舗に行くのはめんどくさい…自宅やカフェなどで相談したい人は保険見直しラボ、外はちょっと…店舗へ行って相談したいって人にはLIFULL保険相談がオススメです。もちろん相談は無料です。