狭心症 飛行機 旅行 影響

飛行機の旅行で「狭心症」は影響があります/気圧の変化がよくない

スポンサーリンク

 

狭心症の症状がある時には、旅行で飛行機に乗ることによって影響があります。
飛行機は、高度が高い場所まで飛ぶので、気圧の変化が非常にあります。

 

飛行機の内部には、気圧調整する機能が備わっていますが、それでも地上に比べると気圧差が大きく、乾燥などもなっているので、心臓への負担が大きいことから狭心症への影響もあります。

 

また、飛行機内で症状が悪化した場合には、医師が乗っているとは限らず、設備もないことから対処することが出来ないなどの問題もあります。

 

このため、狭心症の症状がある場合には、旅行を延期や掛かり付けの医師に相談することです。
特に掛かり付けの医師に関しては、症状に応じて適切な判断を行い、必要に応じて処方箋も提供しくてくれるので、影響を最小限に抑えることが出来ます。

 

また、最近では狭心症の治療薬も発展しています。
旅行に行く前に治療することも可能となり、投薬治療でも症状の改善も期待することが出来ます。

 

スポンサーリンク

 

狭心症とは、心臓の血管に血栓が出来ることにより、心臓の機能が低下する病気です。

 

狭心症になることによって全身に血液を送ることも阻害されることによって、生命の危険性も高まることから狭心症の症状が発見された際には、早期治療が必要となります。

 

このため、狭心症の場合には、飛行機による旅行などが行えないなどの影響があります。

 

飛行機による旅行が行えるのは、所謂、疑いがある段階の症状で、飛行機での旅行も医師に相談することによって影響なく、旅行出来ます。

 

また、旅行前に治療する手段もあります。
治療の多くは、手術が用いられ、カテーテル手術が行われます。

 

開腹する場所が少ないことから身体への負担が少なく、社会復帰も早いので、旅行への影響を最小限に留めることが出来ます。

 

また、最近では海外でも日本の保険制度を帰国後に適用させることが出来るので、症状の問題の他に海外現地で治療を受けた場合でも高額になりやすい海外でも費用の影響が抑えられます。

 

搭乗する際の注意点は出来る限り疲れないようにする、重い荷物は持たないようにする、薬は持っていく、医師に紹介状を書いてもらうといったことをあらかじめ準備しておきましょう。

 

スポンサーリンク