狭心症 検査 異常なし

心電図検査で異常なしと診断される狭心症への対処法

スポンサーリンク

 

胸やその周辺に痛みが発生して数分以内に収まるという症状は、冠動脈が狭くなる狭心症の発作かもしれません。

 

全身に血液を送り出す心臓のポンプは、心筋が1分間に何十回も収縮を繰り返すことで正常な働きをしています。

 

この心筋を動かすには大量の酸素が必要ですが、狭心症の人は冠動脈が狭くなっているため運動時に酸素不足が起きやすいのです。

 

運動などで体を動かす際には全身の筋肉に多くの酸素を供給する必要が生じるため、心臓にもそれだけ大きな負担がかかってきます。

 

手足の筋肉でも激しい運動をした直後には筋肉痛や強い筋肉疲労が起こり、筋肉がつると強い痛みが発生するものです。

 

そうした痛みは筋肉の酸素不足が主な原因で、同様の現象は心臓を動かす心筋でも避けられません。
心筋が酸素不足に陥った場合に感じる痛みは左胸ばかりに限らず、背中や肩・首などに放散する傾向も見られます。

 

胃の痛みとして認識された場合は内臓疾患を疑ったり、人によっては五十肩や単なる肩凝りと間違える例も少なくありません。

 

症状の原因が狭心症にある場合は、硝酸薬やベータ遮断薬・カルシウム拮抗薬・アスピリンといった薬で症状を抑えることができます。

 

そのためにも病院を受診して正確な診断を受けることが欠かせませんが、心電図検査を受ける場合には注意が必要です。

 

狭心症は冠動脈が塞がっていないため、発作時以外は通常の心電図波形では異常なしと診断されるのです。

 

スポンサーリンク

 

狭心症を疑って病院の心電図検査を受けたのに異常なしと診断された場合には、運動負荷心電図やホルスター心電図といった検査を受けるといいでしょう。

 

運動負荷心電図検査には階段昇降時の心電図波形を測定するマスター法や、ランニングマシンを使ったトレッドミル法、自転車を漕いで測定するエルゴメーター法などがあります。

 

いずれも心筋への負担を大きくすることにより波形変化を観測する検査方法で、通常の心電図で異常なしの人でも狭心症を発見できるのです。

 

狭心症には冠動脈が狭くなって発作が起きるタイプの他に、冠動脈の痙攣を原因とする異型型があります。
この場合は運動と無関係に発作が生じますので、運動負荷心電図検査でも異常なしと診断されてしまいます。

 

そのような人にはホルスター心電図と呼ばれる小型の検査機械を装着し、24時間の心電図波形を記録する方法が有効です。

 

他の心電図で異常なしのケースでも、この方法なら冠動脈に痙攣が起きた瞬間の異常波形を逃さず記録できるのです。

 

通常の心電図検査で異常なしと診断されながらこのような方法で狭心症が発見され、前述のような薬物治療で発作を抑えている人は数多くいます。

 

硝酸薬は発作が起きてから服用するだけでなく、運動の前に服用して発作を予防するのにも役立ちます。

 

健康診断で異常なしと診断された場合でも、狭心症が疑われるようならこうした検査を受けられる病院で医師に相談するといいでしょう。

 

スポンサーリンク