狭心症 治療 入院期間

狭心症での治療の入院期間は「一週間」程度です/検査や治療方法は?

スポンサーリンク

 

狭心症の治療での入院期間は、一週間から十日程度です。

 

狭心症自体の治療は、手術で完治することが出来ますが、多くの場合に糖尿病や高血圧といった生活習慣病の治療も行われるので、入院期間が長くなる傾向があります。

 

狭心症の主な原因は、不規則な生活や食生活の乱れによって発症し、狭心症と同様の原因によって発症する糖尿病や高血圧などの生活習慣病にも掛かりやすくなっています。

 

このため、すでに持病として発症している方を除き、入院期間中に生活習慣病の検査を血液検査や血圧測定、問診などを通して診断します。

 

生活習慣病が診断された場合には、管理栄養士による食事指導や作業療養士といったリハビリのスタッフから運動療法についての講習などを受けます。

 

また、狭心症は普段の生活習慣に影響する病気のため、治療が済んだ後も定期的に検査を行う必要があり、血液検査から画像診断、生活習慣病の進行状況などの確認も行われます。

 

病院によっては日帰りではなく、1泊の入院期間を設けて行う場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

狭心症とは、心臓の血管内に血栓が詰まることによって血液が流れなくなり、流れなくなった血管が収縮し、周辺の心臓の筋肉が壊死する心臓疾患です。

 

狭心症の治療には、主にカテーテル手術と呼ばれる方法で治療が行われます。
血管内にカテーテルという細い管を血管を伝って心臓の血管にある血栓を除去し、収縮した血管を拡張させます。

 

この治療方法のメリットは、開腹する場所が少ないことから体への負担が小さく、入院期間を短くさせることが出来ます。

 

さらに入院期間が短くなることにより、負担する治療費も抑えられます。
入院期間に関しては個人差が大きく、早い方の場合には三日から五日程度で退院します。

 

さらに狭心症の症状が初期段階の軽度の場合は、投薬治療にて完治することが出来ます。
その際には、入院する必要がなくなります。

 

ただし、狭心症の他に持病などを症状がある場合に使用できる処方箋が限定されるので、入院期間も長くなる場合があります。

 

狭心症は生命保険の見直しが必要
狭心症は脳梗塞、心筋梗塞などの重度な病気のリスクが高くなります。

 

脳梗塞や心筋梗塞は後遺症が起こる可能性が多いですので万が一の状態に備えて生命保険の見直しをすることをお勧めします。
無料で相談できる「保険コネクト」で検討してみてください。

 

スポンサーリンク