狭心症 検査 金額 値段

狭心症の検査金額はどれくらい?/限度額認定、高額医療制度を使おう

スポンサーリンク

 

狭心症の検査は、基本的には狭心症の治療自体が保険が適用される疾患ため、検査の値段については、どの医療機関を受診しても金額は一律です。

 

目安はカテーテル検査が6万〜9万円ほど、カテーテル検査と冠血流予備量比測定の2つを同時に行うと15万円ほどの金額になります。

 

ただし、狭心症の治療方法において先進医療などの特殊な治療方法を希望する場合には、保険が適用されず、自費の値段となることから医療機関によって金額が異なります。

 

さらに先進医療に対して対応している医療機関も多くないので、希望時には予め、情報収集が必要となります。
情報収集に関しては、狭心症や他の症状で受診している医療機関にて相談することによって紹介を行ってくれます。

 

さらに最近では、病院の情報サイトなども登場しているので、活用することによって必要な情報が得られます。
また、狭心症の検査時には、狭心症の症状以外に糖尿病や高血圧の検査も行われます。

 

理由は、生活習慣がしているので、糖尿病なども発症していることが多く、発症していることによって治療方法が制限される可能性もあるからです。

 

検査の金額は、狭心症のみに比べて差異はないです。

 

スポンサーリンク

 

狭心症とは心臓疾患であり、血管の病気でもあります。
心臓の血管内に血栓が付着し、血流が止まることによって心筋が壊死します。

 

このため、検査では血流や心臓の状態を確認するために心電図と脈の測定が行われ、血液検査やレントゲンによる画像診断も行われます。

 

これらの検査に異常が見つかった場合には、CTなどの高機能画像診断が行われますが、CT自体の値段が高額なので、診断に掛かる金額は高額になり、人によっては検査だけでも多くの金額を負担することになります。

 

しかしながら、年間の医療費の金額が一定額を負担した場合には、確定申告時に申請することによって一部の金額が返金される制度もあります。
これを限度額適用認定と言います。

 

さらに一つの疾患にて入院や手術などの治療の値段が高額な場合には、所得に応じて限度額が設けられる制度もあり、値段を抑えることも可能となっています。
これを高額医療制度と言います。

 

また、場合によっては、値段を抑えるために用いる医薬品などを医師に相談することによって値段が安い医薬品などに切り替えることも現在では出来ます。

 

スポンサーリンク