狭心症 発作 持続時間

狭心症発作の持続時間はどれくらい?/15分程度で収まることが多い

スポンサーリンク

 

24時間休みなく働き続けている心臓は、ポンプ機能を担う心筋そのものが大量の酸素を消費しています。
酸素は全身の細胞にとってもエネルギーを作るために必要ですが、特に心筋はたとえ安静時でも常に一定量の酸素を必要とするのです。

 

運動時には他の筋肉にも多くの酸素が求められることから、心臓のポンプはそれだけ速く強く稼働させなければなりません。

 

心筋もまた安静時よりもさらに多くの酸素を消費して運動量を増やそうとしますが、心筋に酸素を供給する冠動脈が動脈硬化で狭くなっていると酸素不足に陥ります。

 

酸素が十分に確保されない環境で心筋が酷使されると、他の筋肉と同じように心筋にも痛みや疲労が生じてしまいます。
これが狭心症と呼ばれる病気の発作で、胸やその周辺に痛みや違和感を感じるのが主な症状です。

 

手や足でも激しい運動を行った際に筋肉がつるという現象が起き、その際には筋肉に強い痛みが生じます。

 

狭心症の発作はその症状が心筋で発生した場合に相当し、数分程度という持続時間の後に痛みは和らぐのが普通です。

 

持続時間が比較的長い場合でも15分以内で症状が落ち着くのが狭心症発作の特徴で、それ以上長引く場合は心筋梗塞が疑われます。

 

スポンサーリンク

 

長くても15分程度という発作持続時間を持つ狭心症への対処法として、まずは安静にすることが何よりも大切です。

 

冠動脈が狭くなっているのがこうした症状の原因ですので、通常は安静にしていれば心筋への酸素供給量が安定して胸の痛みも収まってくるものです。

 

このような症状が一度でも発生するようなら、落ち着いた後で少しでも早く循環器内科を受診するといいでしょう。

 

病院では発作の持続時間や心電図検査の波形などを判断材料として、冠動脈に異常が認められた場合に狭心症と診断します。

 

冠動脈が狭くなるタイプに加え、冠動脈の痙攣によって発作が起きるタイプの狭心症もあります。

 

この異型狭心症も症状の持続時間はほぼ同様ですが、運動とは関わりなく夜間や早朝などに発作が起きやすいのが特徴です。
いずれのタイプの狭心症でも発作が起きた場合や予想される場合に備えて、ニトログリセリンと呼ばれる硝酸薬を携帯することになります。

 

通常では発作が数分程度続きますが、硝酸薬の作用で冠動脈が拡張されるためこの持続時間が大幅に短縮されのです。
狭心症に伴う苦痛の持続時間を短くするには、心臓に負担のかかる運動やストレスを避けるような生活習慣の改善も有効です。

 

こうした工夫によっても症状がなかなか改善しない場合は、経皮的冠動脈形成術や冠動脈バイパス手術で改善できます。
外科技術の大きな向上によって、狭くなった冠動脈を手術で広げることが可能となったのです。

 

スポンサーリンク