狭心症 カテーテル 検査 費用 料金

狭心症でカテーテル検査の費用はどれくらい?/およそ3万円前後

スポンサーリンク

 

体が酸素不足になることで心臓に痛みが発生する病気を狭心症と呼び、病院でカテーテルを使って検査を受けることが出来ます。

 

狭心症を調べる際にカテーテルを使った時の検査費用は、平均して3万円くらいとなっています。
保険適用内で検査を受けた時の費用が3万円くらいとなっており、これに合わせて心電図を使うこともあります。

 

多くの病院や医療機関での狭心症を調べるに至って、カテーテルを使用するとこれくらいの費用となります。

 

病院で狭心症のカテーテルを使用した検査を受ける場合には、事前に電話で予約や申し込みをする必要があります。
クリニックとは異なり、病気の検査や診察などを病院で受ける場合には必ず予約する必要があるので注意が必要です。

 

申し込みの際には別途で費用は発生しないので、担当医の都合やスケジュールなどを確認した上で予約を入れます。

 

これが一般的な狭心症のカテーテル検査費用の相場であり、多くの病院や医療機関では1回につき3万円前後となります。

 

スポンサーリンク

 

病院で狭心症を調べるためにカテーテル検査をした時の費用は、平均して1回につき3万円前後となっています。

 

ですがこれはあくまでも検査をするための費用となっているので、入院が必要になった場合にはさらに治療費がかかります。

 

狭心症は循環器内科や心臓内科などで治療を行っており、最初にカテーテルや心電図を使い症状を調べていきます。

 

検査をした上で何も発見されなければ終了となりますが、狭心症が発見されると治療を受ける必要があります。
入院すると治療費の他にベッド代などが発生するため、治療が長引くほど費用も高くなってしまいます。

 

治療において保険適用されることが多いので、患者が負担する費用については3割ほどとなります。
他にも高額医療制度を使えば約8万円(収入により変動します)以上かかった時は、その分返金される制度も用意されていますので安心して検査、治療を受けることが出来ます。

 

そのためお得に治療を受けるためにも、病院を受診する場合には必ず保険証を持参するのがポイントです。
なお狭心症の症状が軽い場合には、入院ではなく通院という形で治療を進めていく病院が多いのも特徴です。

 

スポンサーリンク

狭心症でも生命保険に入れます

狭心症になると検査データによって生命保険に加入できないことが多々ありました。
しかし、現在では問題はクリアされています。

少し割高になるものの生命保険に加入することが出来ます。
これを引受基準緩和型保険と言います。

かといって生命保険のプランはものすごく複雑ですので保険ショップへ相談してみてはいかがでしょうか?
安心して相談できる保険ショップを紹介します。

自宅やファミレスなどで相談を受けたい人はコチラ→保険見直しラボ

店舗へ行って相談をしたい人はこちら→LIFULL保険相談

店舗に行くのはめんどくさい…自宅やカフェなどで相談したい人は保険見直しラボ、外はちょっと…店舗へ行って相談したいって人にはLIFULL保険相談がオススメです。もちろん相談は無料です。