狭心症 効く ツボ

狭心症に効くツボ/根本原因を解決しながら効果的に使用しましょう

スポンサーリンク

 

「狭心症」といえば胸の痛み・圧迫感などの症状が起きるものですが病気について知らないことも多いと思われるので、原因や発作の対処、症状に効くツボに関して説明していきます。

 

まず原因についてですが、加齢によるものや生活習慣などによって血管が狭くなり血液が流れにくくなってしまうことで起こります。

 

症状ですが、血液の流れが悪くなることで胸に圧迫感を生じてしまったり胸の痛みを感じてしまいます。
その他にも左肩から腕までが痛い・喉が詰まっているなどの胸以外の症状が起こることもあります。

 

「狭心症」と「心筋梗塞」の違いですが、胸の痛みなどが数分から数十分続くといった一時的な状態が「狭心症」で、「心筋梗塞」は30分以上にわたって症状が起こり非常に激しい痛みや強い圧迫感など吐き気をともなうこともあります。

 

糖尿病患者は「心筋梗塞」や「狭心症」へのリスクが高いことがわかっていて、「糖尿病」による神経障害がありますと痛みや発作に気付かないで心臓病が悪化するといったこともあります。

 

スポンサーリンク

 

「狭心症」の発作が起こってしまったときの対処を説明していきます。
発作が起こってしまったとき、5分以内の場合には内科や循環器系の医療機関を受けることが適切です。

 

発作に効く薬が処方されている場合、薬を取りに行くなどで体を動かすと悪化してしまうので常に薬は持っていたり手の届くところに置いておくようにしなければいけません。

 

「狭心症」に効くツボについて説明していきますが、高血圧や糖尿病などのツボの療法を合わせて行うことで効く効果も上がります。

 

足には狭心症や心筋梗塞に効くツボが何ヵ所かあり、そのツボをマッサージすることで予防をすることができます。

 

手足のツボを押すことでストレスを少なくしたり心臓の機能を強化することができるので、ツボが何処に効くのかを覚えておくことで予防ができたりと日々の生活のなかで役に立ちます。

 

手のツボは「心包経」、胸のツボは「?中」などがあります。

 

「狭心症」や症状に効くツボについて説明してきましたが、「狭心症」は重症化してしまうと発作の時間が長くなり胸痛などが頻繁に起きたりするので胸の痛みが何回も起こるなど心配な場合は直ぐに病院で診てもらうことが大切です。

 

スポンサーリンク