狭心症 放散痛 なぜ

狭心症の放散痛はなぜ起こる?/肩、首、歯などに起こる可能性あり

スポンサーリンク

 

狭心症の前兆として、放散痛という痛みが生じることが多く存在します。
通常は心臓のある胸部が痛くなるような印象があるでしょうが、実際には肩や首など、離れたところが痛むことがあるのです。

 

なぜ、そのようなことが起こるかをここでは紹介します。

 

 

【狭心症は胸の痛みだけではない】

 

狭心症は放散痛といって、心臓がある胸部だけが痛むわけではありません。
もちろん、胸の痛みが続くのが一般的な症状なのですが、その限りではないのはなぜでしょうか?

 

それは、全身を巡る血液が関係しています。

 

なぜ狭心症が起こるかというと、心臓の血管が何らかの原因で狭くなり、血液の循環が悪くなってしまうため発作が起こるのです。
放散痛は必ず出現するわけではありませんが、思わぬ場所が痛む訴えがあっても、その原因が心臓にあることも多いのです。

 

 

【なぜか全身が痛くなる放散痛】

 

胸部だけでなく、首や肩、歯や頭痛など、あらゆる箇所が痛みを生じる放散痛。
なぜか心臓とは離れている場所でも、痛みを感じることが前兆としてあるのが狭心症の特徴です。

 

 

必ずしも放散痛が起こるわけではなく、なぜか胸部の痛みに苦しめられ、医療機関を受診すると狭心症の診断が下ることもあります。
逆に、放散痛のみを呈して、結果的に狭心症というケースも存在します。
なぜか全身が痛くなるのは、心臓が原因だからこそ、あらゆるところへ危険なシグナルを出すようになったのが人の体の神秘です。

 

スポンサーリンク

 

【体の複数か痛む時には要注意】

 

特別なことがないのに、胸部をはじめ、体の至るところに痛みがある時には注意が必要です。
なぜか痛いという時にも、早めに医療機関を受診しましょう。
心電図を取るだけでも心臓が抱えるリスクがわかりますし、総合的に判断する材料があれば、今後の生活管理も徹底しながら、リスクの低下が期待できます。

 

 

狭心症は放散痛だけでなく、日常的な違和感があれば、すぐにでも医療機関を受診するべき。
ためらって後で後悔するということは避けるべきです。

 

 

【まとめ】

 

狭心症は放散痛を感じることがあるのが特徴です。
胸部だけでなく色々なところに痛みを感じるようであれば、なぜそのようなことが起こっているかを明確にするべき。
心電図などでリスクの有無が把握できますから、まずは相談するのが重要です。

 

スポンサーリンク