狭心症 お酒 アルコール 影響

狭心症にお酒のアルコールが影響するリスク

スポンサーリンク

 

狭心症にお酒のアルコールが影響するリスクはそれほど大きくはありません。

 

でも、摂取量をわきまえて飲まなければ、結果的に心臓に負担をかけてしまう結果に繋がります。
何事もほどほどが良いということを学ぶのがベストです。

 

 

【お酒の狭心症に対するメリット・デメリット】

 

健康増進に効果を発揮するアルコールの摂取。

 

適度な飲酒であれば、お酒は狭心症のリスクを下げてくれる働きがあります。

 

動脈硬化を起こしやすいコレステロールの数値を下げてくれる働きがあるからです。

 

 

一方で、飲み過ぎによって狭心症にマイナスの影響を与えてしまうこともわかっています。
お酒は健康増進に役立つくらいの量を目安に摂取しなければ、アルコールの分解が進まずに、体の負担をかけてしまうことに繋がります。

 

スポンサーリンク

 

【アルコールがプラスの影響を与える量】

 

お酒が狭心症にプラスとなる理由は、ストレス解消の働きがあることが影響しています。
1日の疲れを癒すために飲酒するというのは、仕事でストレスを抱えている人にとっては至福の時間です。

 

 

でも、狭心症に影響しない程度のお酒の量がわかっていなければ、アルコールがマイナスに働いてしまいます。
日本酒であれば1合、瓶ビールだと1本、ウイスキーだとシングル2杯というくらいが、大よその目安ではないでしょうか。
ただし、体格やアルコールに対する強さも関係するので、あくまで適度に飲むというくらいが望ましいです。

 

 

【ストレスが狭心症に影響する】

 

ストレスがかかると狭心症への影響が大きくなるため、日頃からストレス発散の術を持っておきましょう。
お酒を飲むというのも良いのですが、暴飲暴食に陥ってしまう可能性もあるので、運動の習慣をつけてコレステロール値を下げるなど、発散方法は考えなければなりません。

 

 

日常生活の過ごし方が狭心症に大きく影響するため、アルコールの摂取をはじめ、様々な面で健康を考えることが大切です。

 

 

【まとめ】

 

アルコールは心臓への負担を高めることもある一方、健康増進に役立つことでも知られています。

 

適度なお酒の摂取であれば良いので、健康を考えた量を考えましょう。
また、お酒に頼り過ぎないことも大切ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク