狭心症 40代 女性

狭心症は40代女性でも起こりうる/原因は?ストレス?動脈硬化?

スポンサーリンク

 

40代女性が発症のピークを迎える微小血管狭心症

 

突然の胸の痛みが生じ、息苦しさやめまいなど、日常生活を営むのが大変に思えるエピソードが出現しているのであれば、こうした疾患を疑って医療機関で検査を受けるべきです。

 

 

【微小血管狭心症の特徴】

 

40代に発症のピークを迎える微小血管狭心症。
女性にとって体調の変化が起こりやすい時期でもありますが、突然の胸の痛みに襲われるという症状が特徴です。
時には睡眠を妨げるほどの痛みを訴えることもあります。

 

 

女性にとって40代は、まだまだ日常が落ち着かない時期。
そんな時に命を脅かすような疾患を患ってしまうと、それだけでも生活への不安が募ります。
心臓疾患を経験したことが無い女性が、突然狭心症になってしまうというのも特徴です。

 

 

さらには、女性に多いこの疾患。
女性ホルモンが関係していることもわかってきているのです。
ほかにも精神的なストレスなども誘因として考えられています。

 

その他にも狭心症のリスクはさまざまなものがあります。

 

・メタボリック症候群(肥満、高血圧、皮脂異常症、糖尿病など)
・タバコ
・濃い味付けの食事、食べ物
・睡眠不足、過労、ストレス
・運動不足

 

さまざまな要因が挙げられます。

 

【二次的な障害を防ぐべき】

 

微小血管狭心症は、40代の女性に多いとされている疾患ですが、予後は適切な治療によって良好な結果を期待することができます。
ただし、薬のコントロールや外科的治療を受けず、そのまま放置しているようであれば、心筋梗塞や脳血管障害のリスクが高まる一方です。

 

 

ホルモンバランスが崩れやすい40代に罹患率がアップする狭心症は、日常生活の注意によって予防ができます。
女性ホルモンに働きかけが行われるものを意識的に摂取するのも良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【今後を踏まえた行動がベスト】

 

狭心症リスクはイライラしない生活を送るだけでも効果的。
ストレスによって精神的なダメージが与えられると、健康全般が冒されてしまいます。

 

さらには40代女性というと、どうしても閉経の問題が出てくる時期です。
そこで今後を踏まえた行動を起こすことで、健やかな状態を保つ自分なりのコツがつかめます。

 

 

日常的なコントロールで病気の予防ができるので、まずは意識して生活をコントロールすることから始めましょう。
それが、今後の人生を大きく左右します。

 

 

【まとめ】

 

狭心症の中でも、40代にピークが訪れる微小血管狭心症は、ホルモンバランスが崩れやすい年代に問題を起こすことが多く、罹患率にも影響しています。
ですから、日常生活の改善から病気になりにくい体を手に入れるべきなのです。

 

スポンサーリンク