狭心症 心電図 異常なし

狭心症の症状は不定期、心電図では異常なしと判断される可能性あり

スポンサーリンク

 

狭心症の症状は、常時起こるとは限らないことので、病院で受ける心電図では異常なしと判断されることがあります。

 

しかし、近年ではコンパクトな心電図も登場しており、数日間、胸に装着して狭心症の症状を確認する方法も行われています。

 

この時にも狭心症の症状が起きずに異常なしを判断されることも多いですが、血液検査や画像診断も受けることによって心臓の状態を正確に把握することが出来、心電図で異常なしとして発見出来なかった狭心症を発見出来ます。

 

また、狭心症の症状の多くは、生活習慣が大きく関係しており、同時に生活習慣病の治療も行われています。
生活習慣病には、高血圧や糖尿病が含まれており、狭心症はこれらの症状も影響して発症しています。

 

このため、治療する際には生活習慣病の検査も行われ、発見された際には複合的に治療が行われます。
そして、最近では専門の診療科も登場しています。

 

専門的な設備や専門医などが整っており、最適な治療を受けることが出来ます。

 

スポンサーリンク

 

狭心症は、心臓疾患として若い年齢層にも増加傾向にあります。
心臓の血管内に血栓が出来ることによって血液が滞り、血管の収縮や心臓の筋肉が壊死する病気です。

 

検査の一つに心電図が用いられますが、狭心症の多くの症状は不定期に発生することから心電図を利用している時には異常なしとなることがあります。

 

心電図で異常なしとなるので、早期発見が難しく、初期段階では自覚症状も少ないことから重症化する傾向が高いです。

 

重症化した時の治療方法は、主に手術が行われます。
手術は、血管内にカテーテルと呼ばれる細い管を通して治療するカテーテル手術が用いられ、身体への負担が少ないとして注目されています。

 

手術によって治療が完了した後には、心電図によって経過観察が行われ、その後、経過観察によって異常なしと判断されることによって退院になります。

 

そして、退院後も定期的な検査が行われますが、定期検査でも異常なしと診断されることにより、定期検査までの期間も長くなります。

 

スポンサーリンク