狭心症の症状が起こりやすい年齢

狭心症の症状が起こりやすい年齢

スポンサーリンク

 

昔から危険な病気として知られている狭心症は、健康な身体ではありえない胸の痛みや圧迫感など症状が起こりやすい病気です。
胸の痛みが起こりやすい原因は、血管内腔が狭くなることによって、心臓に必要な分の空気を送り込めなくなる事です。

 

 

【まとめ】

 

【狭心症が起こりやすい年齢】

 

以前までは、狭心症の症状が起こりやすい年齢は、男性が40代、女性は更年期以降というのが定説だったのですが、本当にここ数年の間に30代の方でも多くの方が狭心症が起こりやすい年齢にカテゴライズされるようになりました。

 

 

また、まだ数はそれほど多くはありませんが、20代や10代の方でも狭心症の症状が起こりやすい方が増えて来ております。
これまでのように不摂生な肥満体系の方だけでなく、若くて筋肉質な上、健康そうに見えるスポーツ選手の方でも、然心臓発作を起こしてす事件が増えています。
その為、2017年の9月現在では、10代から90代まで起こりうる病気になってしまっているのです。

 

スポンサーリンク

 

【こんな場合にはすぐに救急車を】

 

他の病気と違い、狭心症の胸の痛みは特徴的となっております。
急に胸が締め付けるように感じたり、上から抑えつけられるような痛みを伴うような症状が30分以上続くような場合には非常に危険ですので、急いで救急車を呼んでください。
また、背中の痛みや咳、呼吸困難、動悸、冷や汗、胃痛、めまいなどの症状が複数現れてしまった場合には、より可能性が高くなっております。

 

 

【予防方法】

 

狭心症の症状が起こりやすい年齢は全年齢という事ですので、どなたもしっかりと予防する事が重要になります。
最近特に注目されている予防方法は、ココアを飲んだり、バナナを食べたり、お酒は週2回までに減らしたり、ウォーキングを20分するなどが効果的な予防法になっております。

 

 

【まとめ】

 

狭心症の症状が起こりやすい年齢という物がなくなったせいで、これまで安全だと思っている方も予防する必要が出ております。
しかし、これまで狭心症の症状が起こりやすい年齢だった方のリスクが減ったわけではありませんので十分に注意するようにしてください。

 

スポンサーリンク