狭心症の方がお風呂に入浴する時の注意点

狭心症の方がお風呂に入浴する時の注意点

スポンサーリンク

 

ストレスは狭心症の大敵です。
その為、リラックスできるようにお風呂でゆったりと入浴されている方も多いと思いますが、入浴の注意点を理解できていないと心臓に負担をかけてしまう事になり、症状を悪化させてしまうリスクがあります。

 

 

【まとめ】

 

【狭心症の方がお風呂に入浴する時の注意点】

 

実は、狭心症の患者さんも含め、日本だけでも年間10,000人近くの方がお風呂に入力している時に命を落としています。
入浴した時に命を落とした方の大半が65歳以上の高齢者となっております。
その為、安易にお風呂に入浴した事が心臓の負担になっていると思われる方もいるのですが、大事なのは狭心症など心臓に持病のある方が注意点を守らずに入浴した点です。

 

 

入浴する時の注意点は、浴室と浴槽の温度差を少なくするという事です。
特に冬場では、冷えた脱衣場や浴室などは、どうしても血圧を上昇させてしまいます。
さらに浴槽のお湯が暑いと、それによって血圧を更に上げてしまうので、心臓に大きな負担がかかってしまうのが危険なのです。

 

スポンサーリンク

 

【浴室を事前に温めるのも大事な注意点】

 

注意点を解消するためには、お風呂に入浴する前に浴室と脱衣場をあらかじめ温めておくことです。
寒い日だからと言ってお風呂の温度を高めに設定してしまうと、温度差がかなり開きますので危険です。
狭心症の方は特に注意してください。

 

 

【お風呂の温度も注意点です】

 

お風呂に入浴する時には、水温も重要な問題になります。
狭心症の方が、無理なく入る事ができる温度は37度から40度という少しぬるめの温度になっております。
37度から40度くらいの水温でしたら、血圧は急激に上昇しません。

 

 

【まとめ】

 

他にも狭心症の方には、注意点があります。
例えばあまり深く浴槽に入ってしまうと、水圧により血圧が上がりやすくなってしまったり、心臓に負担がかかりやすくなってしまいます。
心臓から水面の差が増えれば増えるほど水圧が強くなり、心臓に負担をかけてしまいますので、半身浴であったり、お湯の量を調整するなどが必要になります。

 

スポンサーリンク