狭心症は脈拍や血圧に影響を与えます

狭心症は脈拍や血圧に影響を与えます

スポンサーリンク

 

狭心症に深い関係のある不整脈は、全て原因が説明出来るものばかりでは無く、中には原因不明な不整脈もあります。
とくに中高年になると、加齢に伴い脈拍や血圧が上下しやすくなりますので、どうしても不整脈の症状が増えてしまうのです。
また、狭心症は脈拍や血圧に強い影響を与えますので、頻繁に不整脈を起こしている方は注意が必要になります。

 

 

【まとめ】

 

【期外収縮の場合は狭心症の影響の可能性も】

 

期外収縮は、脈が一瞬飛んでしまったり、脈拍のリズムが乱れ、不規則な脈の打ち方をするタイプの不整脈です。
脈拍数には個人差がありますので脈拍数では分かりにくいのですが、リズムが不規則な場合には、期外収縮の可能性がありあます。
自覚症状はあまりでない不整脈なのですが、胸痛がなかなか治まらない場合には、狭心症や心筋梗塞の可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

【狭心症は脈拍や血圧に影響を与えます】

 

非常に恐ろしい病気の狭心症は、ストレスや食生活など様々な要因によって生成されてしまった血栓が心臓の血管を圧迫する事によって、血液の循環を邪魔してしまいます。
このような状態になると心臓の機能が著しく低下してしまい、重症になると血管が通る心筋が壊死してしまいます。
血流が阻害されているので脈拍が乱れたり血圧が高いなどの影響が見られます。

 

 

【ストレスを軽減させるには】

 

狭心症をはじめ、脈が乱れたり血圧が上昇するような影響を与えている不整脈の症状は、ストレスの影響が強くなっております。
元々、心臓のリズムをコントロールしている交感神経は、緊張や興奮によって脈拍が速くなります。
交感神経は、ストレスの影響を受けやすく強いストレスを受けたり、長期間にわたるストレスがあると、心臓のリズムに乱れてしまい、不整脈になりやすいのです。

 

 

【まとめ】

 

病院で検査をしても、原因を特定しにくいケースがありますが、狭心症は脈拍や血圧に影響を与えます。
あまりに血圧が高かったり脈が頻繁に乱れるようでしたら、一度大きな病院で検査するようにしてください。

 

スポンサーリンク