狭心症に良いと言われている食事のレシピやメニュー

狭心症に良いと言われている食事のレシピやメニュー

スポンサーリンク

 

狭心症は、普段何気なく食べている食事によっても症状が悪化したり改善したりします。
薬を飲むのも重要ですが、狭心症に良いと言われている食事のレシピやメニューにこだわって日々の食事をとるのも非常に重要な事になります。

 

 

【まとめ】

 

【狭心症に良いと言われている食事のレシピやメニュー】

 

狭心症に良いと言われている食事のレシピやメニューを考えるためには、良いと言われている食材を知っておく必要があります。
おすすめの食材の中で、普段の生活でレシピメニューに利用しやすい物は、豆腐、豆乳、低脂肪乳などの乳製品や、サンマやイワシ、ブリ、まぐろ、貝類などのシーフード、ごまや人参、ブロッコリー、しいたけ、えのきなどの野菜、豚ヒレ肉、鶏ささみなどの肉類などが狭心症に良いと言われている食事のレシピやメニューで多く使われている食材です。

 

スポンサーリンク

 

【狭心症に良いと言われている食事の簡単メニュー】

 

狭心症に良いと言われている食事の簡単メニューはズバリお刺身です。
お刺身は、手軽に良質な脂を取ることが出来ますので、狭心症向けのメニューに加えやすいと思います。
さしみには血栓ができにくくしてくれる効果がありますので、血液をサラサラにしてくれます。
刺身だからと言って醤油をドバドバかけてしまうのはNGです。

 

 

【非常に参考になるハートレシピ】

 

こちらのハートレシピは、日本心臓財団が8月10日の健康ハートの日を記念して企画した心臓にやさしい食事メニューのレシピ集になります。
一週間をトータルで楽しめるように、朝食から夕食までの3食を7日分、合計21レシピが用意されています。
こちらは、日本心臓財団のホームページでチェックしてください。

 

 

【まとめ】

 

狭心症の再発を注意している方は、暴飲暴食を避けるようにし、一日三食しっかりと取る事が重要になります。
しっかりと良く噛んで、ゆっくり食べるように徹底してください。
また、食後は心拍数や血圧が上昇しますので、食休みをとるようにしてください。

 

スポンサーリンク