狭心症の検査方法最初に行われるレントゲンと心電図

狭心症の検査方法最初に行われるレントゲンと心電図

スポンサーリンク

 

狭心症のような症状を自覚したら、病院で最初に検査を行います。
心臓である事や、症状が現れていないような状況の場合には、一つのではわからないようなケースがありますので、複数の方法によって解明していきます。

 

 

【まとめ】

 

【心臓疾患では必ず行われる心電図】

 

狭心症に限らず心臓系の疾患に関しては必ず行われる方法が心電図になります。
心電図によって、心臓が正確に振動しているかどうかを確認する事ができます。
心電図では、心筋の虚血を示す特徴的な変化が見られた場合、狭心症の可能性が高まります。

 

 

【レントゲンと血液検査】

 

狭心症の疑いがある場合に、レントゲンと血液検査も必ずと言ってよいほど行われる検査方法になります。
血液検査を行う事によって、心臓系の疾患の原因となる生活習慣病の可能性があるかどうかを血液中のコレステロール値や中性脂肪から判断する事ができます。

 

 

また、レントゲンは、ある程度狭心症の症状が深刻した状態でなければ判断は難しいのですが、深刻な状態かどうかを判断する為にレントゲンは非常に有効です。

 

スポンサーリンク

 

【レントゲンや心電図以外の検査方法】

 

狭心症は心臓の病気ですので、色々な検査方法があり、レントゲンや心電図以外の方法も必要になります。
心臓のカテーテルは、狭心症の診断検査に非常に多く利用されております。
心臓カテーテルは、心臓全般の動きを確認する事ができますので、心臓疾患を特定するのに非常に役にたちます。
レントゲンや心電図で分からなかった部分も特定する事ができます。

 

 

大きな大学病院ではCTスキャンなども利用されております。
造影剤などと併用されるのが一般的で、狭心症の症状がでる特定部位を重点に検査する事も可能となっており、症状によって使い分けされています。

 

 

【まとめ】

 

レントゲンや心電図で疑わしいと思ったら他の方法で調べるようになってきます。
その為、治療にかかる費用は大きく増減して行きますので、最初のカウンセリング時に確認を取るようにしてください。

 

 

スポンサーリンク