心筋梗塞はステントによって余命が伸びる可能性が

心筋梗塞はステントによって余命が伸びる可能性が

スポンサーリンク

 

心筋梗塞という病気は、心臓の血管の中に何らかの要因によって血栓が溜まり、血液の循環がさえぎられる事によって、さえぎられた周りの血管の周辺にある心臓の筋肉が壊死する恐ろしい病気です。
心臓の役割が果たせなくなりますので、脳に障害が残る可能性があります。

 

 

【まとめ】

 

【心筋梗塞者の余命】

 

心筋梗塞は、心臓の病気ですので、直接的に命に係わる病気です。
食の欧米化によって患者数は年間80万人以上となり死因の第二位となっております。
その為、余命が短いと思われる方も多いのですが、5年後の生存率は男性89.5パーセント、女性が70.6パーセントと低くありません。
また、10年後の生存率は70.6パーセントとなっており、他の心臓病に比べて余命は長いと言えます。

 

 

心筋梗塞の経験者の余命が長い理由としては、手術後に90パーセント以上の人が通院治療を続けながら40パーセント以上の人が血液をサラサラにする薬を服用していることが挙げられます。

 

スポンサーリンク

 

【ステントを使用した治療法】

 

心筋梗塞の治療は複数の選択肢がありますが、最も多い手術方法がカテーテルを用いた手術になります。
カテーテルを利用して血栓を除去する方法は、患者さんの負担が少ない方法になります。

 

 

しかし、手術で血栓を除去しても収縮した血管は元に戻りません。
その為、ステントを使って血管を広げた状態を維持しています。
このステントの素材は繊維が利用されていますので人体に影響がなく、余命を伸ばすことに成功しています。

 

 

【心筋梗塞による再狭窄対策にステント】

 

ステントは、血管の内側を筒状のステンレス製の金網で支える方法です。
当初はステントは体内に異物が留置されることになるので不安視されていましたが、ステントの使用が開始され10年以上を経た現在においてもステントの使用によって長期的問題はあらわれておりません。

 

 

【まとめ】

 

心筋梗塞の経験者が余命を伸ばすためにステントは非常に有効な手段となっているのですが、体内に異物が入っている状態ですので、余命を伸ばすために病院で定期的な健診を受けるなどの必要があります。

 

 

スポンサーリンク