狭心症 症状 20代 男性 女性

20代の男性や女性に「狭心症」の症状が増加傾向/年齢は関係なし?

スポンサーリンク

 

20代の男性や女性といった若い年齢でも狭心症の症状が起こる場合があります。

 

20代の男性や女性の多くは、10代の時に両親が共働きや塾に通うなどの生活環境になっており、習慣の乱れや食事の偏りなどから20代でも生活習慣病に患いやすくなっており、狭心症の症状が表れます。

 

特に20代は、男性や女性などの性別を問わずに働き盛りの年齢でもあることから体調に違和感があってもそのままにしている傾向があり、重症化しやすい傾向もあります。

 

このため、20代の男性や女性の場合の狭心症の死亡率は比較的高いので、心臓などに違和感を感じる症状が表れた際には、すぐに医療機関を受診することです。

 

狭心症の症状が初期段階の場合には、投薬治療や生活習慣を見直すことによって十分に完治することが出来ます。

 

さらに狭心症は、再発する可能性が高い症状ですが、20代といった若い年齢から習慣の見直しなどを行うことにより、再発を抑えることも出来ます。

 

スポンサーリンク

 

狭心症とは、心臓内の血管に血栓が発生し、血液の循環を阻害します。
阻害された血管は徐々に収縮し、その血管の周辺の心筋には十分な酸素が行き渡らくなり、壊死して心臓の能力が低下します。

 

自覚症状として不整脈を感じ、冷や汗や寒気などの症状が起きます。
さらに重度の狭心症になることで、気を失い、心不全などの症状を起します。

 

近年では、ライフスタイルの多様化から20代の男性や女性にも増加傾向にあります。

 

このため、企業によっては健康診断などにて20代の男性や女性にも狭心症などのいわゆる生活習慣病の検査項目を追加し、20代の男性や女性の健康管理にも福利厚生の一環として取り組んでいます。

 

また、企業の社食などでも健康的な食事の提供なども行われ、注目されています。
そして、20代の狭心症の治療に関しては、早期治療が重要です。

 

早期治療では、カテーテル治療が用いられ、身体への負担が少ないことから社会復帰も容易に行うことが出来ます。

 

スポンサーリンク