心筋梗塞後に仕事復帰できる目安

心筋梗塞後に仕事復帰できる目安

スポンサーリンク

 

心筋梗塞を経験された方であっても、症状が重度で無い場合には、医師の指導のもとにリハビリや体調管理を行う事を条件に仕事復帰される方が大勢います。
しかし、どの程度で仕事復帰できるのかという目安はあまりしられておりません。

 

 

【まとめ】

 

【心筋梗塞後に仕事復帰できる目安】

 

心筋梗塞後に仕事復帰できる目安は、その方の体調や症状の重さ、年齢などによっても変わってくるのですが、会社に戻る目安としては、およそ一か月から二カ月程度となっております。
この目安はあくまで目安ですので、仕事復帰して以前のようにバリバリ働けるようになる事はありません。
言い方はきついかも知れませんが、心臓に時限爆弾が入っているような気持ちで安静に出来る範囲で仕事をするようにしてください。
もしここで無理をしてしまうと、心筋梗塞が再発したり、心筋梗塞にならなくてもひどく体調を崩してしまい仕事が続けられなくなる可能性もあります。

 

スポンサーリンク

 

【心筋梗塞の方の注意点】

 

仕事復帰する事ができる目安の一か月または二カ月は、業務内容によっても大きく変わって来ます。
もし就職先が体を使う仕事の場合には、しっかりと体力を戻してから復帰する必要があります。
事務など、座っている時間の長い職場の場合には、少し早めに戻ることも可能です。
症状が合併症などによって重症になっているような場合には、予定通りに会社に戻るのが難しいと言えます。
何も目安通りにやる必要はありません。
担当医に相談しながら焦らずに判断して行く事が重要になります。

 

 

【まとめ】

 

心筋梗塞の方が、普段通りの生活に戻ったとしても色々と注意しなければいけない事が沢山あります。
特に忘れがちなのが通勤時です。
朝起きてすぐの受応対では、心臓が急な運動に耐えられません。
遅刻するからと言って急ぎ足で歩いたり、ぎゅうぎゅうの満員電車にン持ったりなどすると、心臓にどうしても負担がかかってしまいますので、通勤時間を工夫したりなど、心臓をいたわることができるような対処が必要になります。

 

 

スポンサーリンク