心筋梗塞で意識不明になった場合の生存率

心筋梗塞で意識不明になった場合の生存率

スポンサーリンク

 

心筋梗塞によって意識不明になってしまった場合、すぐに死んでしまうと思われている方は大勢います。
しかし、生存率はみなさんが思っているよりも低くはありません。
確かに心筋梗塞の発作によって意識不明の状態で放置したら死亡してしまう事は避けられませんが、しっかりと対処すれば生存率は絶望的な数値ではありません。

 

 

【まとめ】

 

【心筋梗塞で意識不明になった場合の生存率】

 

最初に心筋梗塞で意識不明になった場合の生存率についてご紹介します。
最も多い死亡例は、発作が起きてから病院に到着する前に心臓が止まってしまうケースです。
こちらの生存率は86パーセントになっております。
また、病院に到着してからの生存率は93パーセントです。
確かに死亡率は高いですが、しっかりとした対応をすれば、そこまで生存率は低くありません。

 

 

【意識不明になっている状態】

 

心筋梗塞の発作が起きてしまった場合には、60パーセントは意識不明の状態になってしまいます。
血圧が上がらなくなり、そのまま呼吸が止まってしまいます。
このような状態ではすぐに処置を施さなければ心臓がそのまま止まってしまいますので、生存率を上げるために処置が必要になります。

 

スポンサーリンク

 

【早期発見と早期治療】

 

心筋梗塞で意識不明の状態になると心肺停止になってしまいます。
この時に正しい処置をどれだけ早く行う事ができるのかによって死亡率が大きく変わってきます。
心肺停止の状態から10分以上経過してしまうと、生存率はほとんど0パーセントになります。
心肺停止をしていなくても意識不明になっている時間が長ければ長いほど、意識が戻りにくくなりますので、直ぐに救急車を呼び、電話先で指示を受けるようにしてください。

 

 

【まとめ】

 

近くに心筋梗塞になった方がいた場合には、救急車を呼ぶのはもちろん、近くの方と協力して心肺蘇生を行うことが重要になります。
もし近くにAEDがある場合は、より効果的に心肺蘇生をする事ができますので、必ず利用するようにしてください。

 

 

スポンサーリンク