軽い心筋梗塞の時の治療や入院

軽い心筋梗塞の時の治療や入院

スポンサーリンク

 

軽い心筋梗塞は、一部の血管に血栓が詰まっている状態です。
日常生活に支障がないケースが多いのですが、採血検査や心電図の検査によって発見されます。
一部の血管が詰まっているので、少量の壊死が見られ、症状が重くなっていくと命に係わる病気ですので注意が必要になります。

 

 

【まとめ】

 

【軽い心筋梗塞でも入院しての治療が必要かも】

 

軽い心筋梗塞の症状の場合には、投薬治療で症状を改善させるのが一般的です。
投薬治療では、心筋梗塞の原因になっている血液の流れを良くしたり、血液の流れを阻害している血栓を溶かす作用のある薬を使用します。
これらは、血栓の進行状態が非常に軽い場合だけにしか使えません。
その為、症状が軽い場合でも、血栓の場所や血栓の量、大きさによっては入院しながらの投薬治療が必要になってきます。

 

 

【再発リスクが高い】

 

心筋梗塞という疾患は、再発リスクが非常に高い疾患ですので、たとえ軽度であっても再発しないように、ライフスタイルの改善指導が行われます。
その際に、総合的な治療を最初に行い、再発の防止をする目的で入院して指導を受ける場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

【手術が必要な場合もある】

 

軽い心筋梗塞の場合でも、入院だけでなく手術が必要になるケースもあります。
一般的には、入院中に経過観察や食事療法、投薬などの治療を行うのですが、最近は心筋梗塞の治療で用いられるカテーテル手術などの技術が発達していて、身体への負担も極めて少ないことから、軽い症状の場合でも手術を行う事がふえております。
カテーテル手術によって心臓の機能の低下を最小限に抑えつつ、入院期間も短かいので社会復帰についての心配もありません。

 

 

【まとめ】

 

様々な状況で軽い心筋梗塞であっても入院治療が行われるようになりました。
入院費は、手術を受けた場合にはとても高くなってしまいますが、そのような時には高額療養制度が適用されるので、入院費自体を安く抑えることが出来ます。
他にも一定額以上になった場合には還付金請求も受けられるので安心して治療に専念する事ができます。

 

スポンサーリンク