心筋梗塞のステントを入れたは長期的な予後を考える

心筋梗塞のステントを入れたは長期的な予後を考える

スポンサーリンク

 

心筋梗塞でステントを体内に入れている場合には予後がとても重要になります。
ただでさえ再発の可能性のある病気ですので、予後は慎重に生活しなければいけません。
特にステントが入っているような場合には、担当医の指導の下生活する事が重要になります。

 

 

【まとめ】

 

【カテーテル手術で使用されるステントとは】

 

カテーテル手術で使用されるステントの多くは、動脈が狭くなった心臓、頚、腎、下肢などの部位の動脈を拡張する為に使用されています。
ステントは、金属製の管状に広がる網を血管内にはめ込んで、梗塞部位の血液の通りを広げる為に使用され、非常にリスクの少ないカテーテル手術によって利用されますので、心筋梗塞だけでなく、最近では悪性腫瘍で食道、気管、消化管が狭くなってしまった場合などにも気軽に使用されるようになりました。

 

 

【心筋梗塞の治療と予後】

 

心筋梗塞の治療では、主にカテーテル手術が用いることによって血栓を除去しています。
より効果を上げるために、血栓を除去しても収縮した状態のままの血管を広げる為にステントが使われています。
ステントは入れたままになりますので、予後は体内に異物の入ったままの生活になります。

 

スポンサーリンク

 

【心筋梗塞後の処置が早ければ予後は良好なものに】

 

急性の心筋梗塞の予後は、発作が起きてからどれだけ迅速に処置したかどうかによって大きく左右されます。
救急車での搬送やAEDを使った心肺蘇生が行われるまでの時間が短いほど死亡率が下がり予後も良くなります。
しかし、対応が遅れてしまうと予後は不良となる病気です。

 

 

【まとめ】

 

退院後に体調を維持しつつ生活するコツは、日々の生活習慣を気を付ける事です。
生活習慣という言葉がダイエットに近い言葉に感じるかも知れませんが、心筋梗塞の予後を考えた上での生活習慣は、治療に近い部分になります。
絶対に達成しなければ命に係わる病気ですので努力が必要になります。
禁酒や禁煙はもちろんの事、塩分やカロリーにも注意が必要になります。

 

スポンサーリンク

狭心症でも生命保険に入れます

狭心症になると検査データによって生命保険に加入できないことが多々ありました。
しかし、現在では問題はクリアされています。

少し割高になるものの生命保険に加入することが出来ます。
これを引受基準緩和型保険と言います。

かといって生命保険のプランはものすごく複雑ですので保険ショップへ相談してみてはいかがでしょうか?
安心して相談できる保険ショップを紹介します。

自宅やファミレスなどで相談を受けたい人はコチラ→保険見直しラボ

店舗へ行って相談をしたい人はこちら→LIFULL保険相談

店舗に行くのはめんどくさい…自宅やカフェなどで相談したい人は保険見直しラボ、外はちょっと…店舗へ行って相談したいって人にはLIFULL保険相談がオススメです。もちろん相談は無料です。