心筋梗塞の入院期間はどれくらいか

心筋梗塞の入院期間はどれくらいか

スポンサーリンク

 

心筋梗塞は、心臓の疾患になりますので症状によっては手術や入院が必要になります。
会社員の方であったり保護者の方は、心筋梗塞で入院した時の期間がどれくらいかを知っておく事で色々と対処する事がでてきます。

 

 

【まとめ】

 

【心筋梗塞の平均入院期間は】

 

心筋梗塞で入院する方の場合には、軽度から重度まで様々ですので一概にいう事はできませんが、心筋梗塞の平均は1ヶ月程度だという認識が一般的です。

 

 

【入院中の過ごし方】

 

心筋梗塞は、症状が現れた直後に手術が行われます。
術式にもよりますが、重い症状の場合には、1週間から2週間くらいは集中治療室に入っていることになります。
その後、症状が固定するまでを普通病棟で療養するのが一般的な流れとなっております。

 

 

軽度の場合には、手術が必要無い場合もありますので、集中治療室も使用せずに、一般病棟で1週間程度過ごす事で退院できるケースもあります。
重度の場合には、1年経っても意識を取り戻さないというケースもありますので、1ヶ月という期間はあくまで目安程度に覚えておいてください。

 

スポンサーリンク

 

【カテーテル治療の場合は短めになってきている】

 

バイパス手術と比べカテーテル治療は患者さんへの負担が少ないため短い期間で治療を完了することができます。
その為、急性期ではない場合のカテーテル治療の場合には、3日から4日が一般的です。

 

 

最近では、日帰りカテーテル治療といって、一切入院せずに日帰りでカテーテル治療を行う病院もありますので、期間が0日というものもあります。

 

 

【まとめ】

 

心筋梗塞の症状の具合であったり、選択できる手術の術式によって入院期間は大きく前後してしまいます。
また、以前までは心臓をいたわる事に重点が置かれるような流れになっていたので、入院期間も長くなる傾向があったのですが、最近では、入院期間を短くして、心臓機能と体力の低下を招く前に社会復帰をさせるような治療方針が一般的となっておりますので、期間は短くなる傾向があります。

 

スポンサーリンク