心筋梗塞が再発する兆候や予兆

心筋梗塞が再発する兆候や予兆

スポンサーリンク

 

心筋梗塞は、手術をしても再発する可能性のある疾患です。
再発する確率はカテーテル治療を行ったのかバイパス手術を行ったのかで異なります。
一般的にはバイパス手術のほうが再発率は低い傾向がありますが、患者さんの影響力が低いカテーテル治療が主流になっているため、再発する方も大勢います。

 

 

【まとめ】

 

【心筋梗塞の予兆となる兆候】

 

心筋梗塞を起こした人の半数以上が、症状が現れる前に何らかの予兆となる兆候があったという研究結果があります。
予兆になる兆候の種類は人それぞれなのですが、胸の痛みやみぞおちを圧迫するような痛みを予兆の兆候として感じる方が多いみたいです。
また、虫歯ではないのに奥歯や下あごに痛みを感じたり、急に冷や汗が出たり、左腕から小指にかけて痛みがあったり、吐き気がしたりなども予兆となる兆候として知られております。
この他にも、呼吸困難や動悸や息切れ、心臓付近の痛み、不整脈、左肩や背中の急な痛みなどが予兆の兆候として注意が必要になります。

 

スポンサーリンク

 

【放散痛による痛み】

 

多くの方が心筋梗塞の予兆となる兆候として左肩に痛みを感じると発言しています。
左肩は、心筋梗塞には関係の無い部位ですので関係のないはずなのですが、実際に多くの方が感じております。
何故直接関係のない左肩に痛みが見られるのかというと、放散痛と呼ばれる症状が原因となっております。
この放射痛は、実際に傷むべきところに痛みが現れず、別の場所を痛いと思ってしまう症状です。
心筋梗塞時の再発が関連しているような場合には、心臓が脳に痛みを伝えるときに左肩を神経が通っているために放射痛を感じてしまうメカニズムとなっております。

 

 

【まとめ】

 

心筋梗塞は、一度発症すると血栓を作りやすい危険因子を患者さんが所有しているという事になりますので、再発の可能性は非常に高くなっております。
再発の予兆となる兆候に注意して生活する事が重要になります。
仮に再発の予兆となる兆候がありましたら、なるべく早く病院で検査を受けるようにしてください。

 

スポンサーリンク