心筋梗塞の時にかかる検査費用

心筋梗塞の時にかかる検査費用

スポンサーリンク

 

心筋梗塞は心臓の疾患の中でも非常に増えている病気です。
しかし、症状であったり治療法などによって検査費は様々です。
その為、予定がたてられずに悩んでいる方も多いと思います。
そこでこちらでは、一般的な心筋梗塞の検査費についての情報をご紹介します。

 

 

【まとめ】

 

【基本的な診察だけなら5,000円から】

 

心筋梗塞でもごく初期な物で大きな自覚症状がないという場合には、胸部レントゲン検査と心電図、血液検査などだけで十分です。
とりあえず心臓に疾患が無いかを確かめるために行うもののみであるのが一般的です。
胸部レントゲンと心電図、血液検査は、特別な物ではありませんので、保険が適用されます。
健康保険によって3割負担になりますので、大体5,000円程度の費用で済む事が多くなっております。

 

スポンサーリンク

 

【心筋梗塞の精密な検査の場合の費用】

 

心筋梗塞の自覚症状があるような場合には、本格的な検査が行われます。
その分かかる費用も大きくなりますので、しっかりと確認しておく必要があります。
心臓カテーテルの場合には3日間の入院費も含めて60,000円から90,000円くらいの費用が相場となっております。
これに冠血流予備量比測定も加えると150,000円程度の費用がかかります。

 

 

実際に手術になった場合には、冠動脈カテーテル治療費は400,000円から750,000円が相場になっており、冠動脈バイパス手術の場合には、700,000円か1,200,000円くらいの費用が相場になっております。

 

 

心筋梗塞の治療費は非常に高額になっておりますが、支払いは3割負担となります。
もちろんそれでも高額な治療費用である事には変わりがありませんが、医療保険などでは一定の自己負担額を超えた分は、後で払い戻される高額療養費制度を利用する事ができます。
その為、費用などは驚くほど高額にはなりにくくなっております。

 

 

【まとめ】

 

また、心筋梗塞にならないために予防するのもとても重要なポイントになります。
例えば、血栓が出来ないように肉類などコレステロール分を多く含む食べ物を制限したり、喫煙をしないようにするなどの対策は非常に有効になります。

 

スポンサーリンク