狭心症 ステント 寿命

狭心症の治療で用いるステントの寿命は、生活習慣に左右されます

スポンサーリンク

 

狭心症の治療では、狭心症の原因である血栓を除去し、収縮した血管を修復するために血管を広げます
広げた血管が再び収縮した血管のサイズに戻らないように固定するのがステントになります。

 

素材に繊維質が用いられているので、身体を含めて血管に負担を掛けることなく使用することが出来ます。
ステントの寿命に関しては、一般的には狭心症の再発になります。

 

生活習慣が大きく影響しており、習慣を変えることによって狭心症の再発の可能性が低くなってステントの寿命も長くなります。

 

さらにステントには凹凸があるので、その部分に濃度が高い血液が付着し、血栓の原因なりやすくなり、狭心症の再発の可能性が高まりますが、ステントの寿命も狭心症と同様に生活習慣を改善させることによって寿命を延ばすことが出来、健康的になることが出来ます。

 

また、狭心症を一度発症すると、定期的に検査が必要となり、その際にステントの寿命に関してもチェックを行います。

 

スポンサーリンク

 

狭心症は初期症状での早期発見が難しく、自覚症状が表れた時には重症化していることが多いです。
このため、治療方法には主にカテーテル手術が行われ、原因である心臓の血管の患部を治療します。

 

多くの場合、血栓が血管内に溜まり、血液が流れなくなった血管を広げ、心臓の機能を取り戻す治療を行いますが、広げる際に血管の広さを固定するステントが用いられます。

 

ステントは半永久的に使用することが出来、寿命に優れているので、多く利用されています。
ただし、狭心症の場合には、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を併発しています。

 

一般的にステントを入れた後の14年後の生存確率は80%だと言われています。
可能性を広げるためにも生活習慣の見直しは重要です。

 

この生活習慣の治療には、血液に影響を及ぼす処方箋も多いことから身体への負担もあります。
このため、ステントの寿命も短くなる場合もあり、劣化した際には取り除く治療や取り換える治療が行われます。

 

また、最近では寿命に関しても劣化しない素材を使用したり、新しい治療方法が確立されているので、寿命がより長くなっている傾向があります。

 

スポンサーリンク