心筋梗塞の心電図検査で異常なしといわれた時の注意点

心筋梗塞の心電図検査で異常なしといわれた時の注意点

スポンサーリンク

 

心臓に関する疾患の注意点としましては、治療時期を逃してしまうと思い後遺症が残ってしまったり、最悪の場合には、死に至る可能性があるという事です。
その為、しっかりと覚えておいて欲しい注意点としましては、胸やその周辺に痛みが発生した時にはなるべく早く病院で検査を受けるという事です。

 

 

【まとめ】

 

【心筋梗塞に発展する狭心症の心電図検査で異常なしと言われた時の注意点】

 

心筋梗塞に発展する狭心症の方が心電図検査で異常なしと言われるケースがあります。
狭心症なのに異常なしとでるのは何でだと疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、これにはちゃんとした理由があります。
これが心筋梗塞など大事に至らないための注意点になります。

 

 

注意点としましては、心筋梗塞に発展する恐れのある狭心症は、胸がキュッと締め付けられるような痛みが数分間持続したり、胸の圧迫感などの症状がありますが、心電図の検査では、心電図の検査をした時の心臓の動きの異常さを感知することしか出来ないという事です。

 

 

心筋梗塞に発展する可能性のある狭心症の方の場合でも、症状が出ていない状況下での心電図検査では異常なしという検査結果がでてしまうことを知っておくのは非常に大事な注意点になります。
狭心症から心筋梗塞に発展してしまった方の場合には、心電図にしっかりと異常が見つかるケースがありますので、異常なしという検査結果はほとんど出ません。

 

スポンサーリンク

 

【異常なしとでてしまう場合には】

 

病院の心電図検査を受けたのに異常なしと診断された場合は、狭心症の症状の出やすい検査方法に代える必要があります。
その為、運動負荷やホルスターといった検査を改めて受ける事をおすすめします。
運動負荷検査は、階段昇降時の波形を測定するマスター法やランニングマシンを使ったトレッドミル法、自転車を漕いで測定するエルゴメーター法などがありますので、対応している検査方法を確認してください。

 

 

【まとめ】

 

日常生活を送る上での注意点としましては、心電図の検査で異常なしと診断されても、不規則に胸の痛みや鈍痛が出る場合や、背中まで痛む場合、頭痛や動悸などが続くような場合には、体調の変化に注意してください。
激しい頭痛や激しい胸の痛み、突然の嘔吐などは心筋梗塞の前兆の症状ですので、このような症状が現れた時には、早目に病院へ行き検査をうけてください。

 

スポンサーリンク