狭心症 症状 20代 10代

狭心症の症状は10代、20代でも起こる/年齢関係なく若者もありえる

スポンサーリンク

 

10代や20代といった若い年齢層にも狭心症の症状が増加しています。
ライフスタイルの多様化によって食事や睡眠の時間の乱れや偏った食事内容によって生活習慣病に罹っています。

 

生活習慣病によって心臓への負担も強くなり、10代や20代でも狭心症の症状を引き起こします。

 

このため、最近の医療機関では、狭心症や生活習慣病を予防するための専門外来を設置しており、10代や20代による狭心症などの症状を抑える取り組みを行っています。

 

具体的な取り組みとしては、食事療法や運動指導を行い、ライフスタイルを見直すことを行っています。
可能な限り処方薬を用いらずに改善することにより、狭心症を高齢になっても予防することが出来るとして注目されています。

 

一方で、10代の20代から症状が表れる方は、遺伝的な要因もあります。
遺伝から発症している場合には、適切に処置を行うことによって症状を抑えることが出来るので、早めに治療を行うことです。

 

スポンサーリンク

 

狭心症は心臓疾患に分類されますが、血管の病気でもあります。
血液の濃度が高まることによって血管内に塊が生じ、この塊が蓄積されることによって血栓になります。

 

血栓は、血液の流れを阻害することから全身に十分な酸素が行き渡らずに身体の機能が停止し、失神や冷や汗など様々な症状が起き、重症化すると命の危険性もあります。

 

特に狭心症は、心臓内の血管に血栓が出来ることによって心臓の筋肉が壊死し、全身に血液を送るポンプ機能が果たせなくなるので、早めの治療が必要になります。

 

これまでは中高年に多い症状でしたが、最近では10代や20代でも狭心症にある方が増加傾向にあります。
理由の一つとしては、食生活の偏りがあります。

 

10代や20代の傾向として仕事や学業など理由から食事の摂取回数を減らしたり、食事する時間を短くしています。
さらにお菓子などで食事をすることから十分な栄養素を摂取出来ないなどの問題があります。

 

このような問題から10代や20代には、食育といった取り組みが行われています。

 

スポンサーリンク