狭心症のステント治療の寿命はどれくらいか

狭心症のステント治療の寿命はどれくらいか

スポンサーリンク

 

狭心症を治療するための方法としてステント治療というものがあります。
こちらの治療方法を採用した場合に、寿命はどれくらいになるのでしょうか。
どれくらいもつのか気になる方は多いでしょう。
詳しく解説します。

 

 

【狭心症のステント治療とは】

 

最近は狭心症の治療としてステント治療が一般的なものとなっています。
ステンレスのような金属によって作られた医療器具を用います。
これを拡張させることによって狭心症の治療を行うのです。
こちらの治療方法は風船治療を応用したものとなっています。
風船治療というのは、カテーテルの先端に風船をつけて、これを冠動脈内でふくらませることによって、狭くなってしまった冠動脈を広げて治療を行うという仕組みでした。
ステントの場合も同様に動脈を広げることができるのです。

 

 

【ステント治療の長所とは】

 

こちらの治療法の長所としては、狭心症で再狭窄が生じる可能性が20%となっており、風船治療よりも低くなっている点です。
また、再狭窄が生じるまでの時期も長くなります。
風船治療では冠動脈が閉塞してしまうことがまれに起きていたのですが、ステント治療ではそのようなことはありません。
基本的に安全です。
このようにメリットが多くあるため、こちらの治療方法が用いられるケースが増えています。

 

スポンサーリンク

 

【ステントの寿命はどれくらいか】

 

狭心症の治療で血管内にステントを留置して再狭窄が起きなければ、そのまま安定した生活を送れるようになるでしょう。
それではステントそのものの寿命はどれくらいなのでしょうか。
こちらの方法が用いられるようになってから20年近く経過しています。
長期的な利用によって問題が生じてしまったという報告は今のところありません。
一度安定した部位については、再狭窄が起きてしまうことはなく、ずっと安定していると考えて良いでしょう。

 

 

【寿命はどれくらい長くなるのか】

 

それでは狭心症の治療をすることで寿命はどれくらい長くなるのでしょうか。
これはそれぞれの患者によって大きく異なります。
冠動脈のどの部分がどれほど狭窄してしまったのか、症状の程度によって寿命は左右されます。
治療が上手く成功したならば、生存する確率はかなり高くなるでしょう。
きちんと生活習慣を管理していれば、長生きすることも可能です。

 

 

【まとめ】

 

このように狭窄症の治療方法というのは新しい方法が考案されたことによって、より安全性が高まっています。
冠動脈に入れる金属を入れることによって、寿命を長くすることが可能でしょう。
寿命がどれくらいになるのかは個人差もあります。

 

スポンサーリンク