狭心症 血液検査 数値

狭心症の検査について(血液検査の数値等)

スポンサーリンク

 

狭心症という病気は、発作的に胸痛や胸部の圧迫感などの症状を発症する病気で、状況によっては死に至る事もあります。

 

この胸の痛みなどの発作の起こり方や原因はいくつかに分類されます。
労作性か安静時、血管の強い狭窄によっておこっている器質型、異型、安定、不安定のように分けられます。

 

この狭心症の原因は、心臓の血管内腔が狭くなることが原因で引き起こされ、その事により心筋に十分な血液や酸素を供給できないために胸部辺りの痛みが引き起こされます。

 

この狭窄の原因は、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高血圧が引き金になり動脈硬化が起こり引き起こされていると考えられています。
その他に、血管の痙攣や血管狭窄もあります。

 

症状の発生の仕方としては、胸が痛い、胸部が急に締め付けられる、上から強く抑えつけられたような感じになる、胸部の焼けつくような痛みなどを訴えられます。

 

変わった所では、ひどい肩こり、のどの痛み、歯が浮くような感じや歯肉炎のような痛み、腕のしびれとして出現する事もあります。

 

スポンサーリンク

 

狭心症の検査では、まずは心電図を行い心臓内部の電気の伝達状況を調べます。
狭心症の場合は、心筋の虚血を示す特徴的な変化が見られます。

 

運動や労作時に発生する労作性狭心症の場合は、運動負荷試験を行い運動をさせながら心電図にて測定を行います。

 

実際の動きを見るために心エコー検査も行います。
心筋の収縮や弁の動き、心房や心室内の血栓の有無を確認します。

 

心臓の冠動脈に造影剤を入れて狭窄を確認するために心臓カテーテル検査を行う場合もあります。

 

CTやMRIにて画像検査も行う事も多いです。

 

同時に血液検査も行います。

 

ただし狭心症における血液検査の数値においては正常値のままのために血液検査での発見はなかなか難しいです。

 

似たような疾患の心筋梗塞がある場合は、心筋の細胞が破壊されるために血液検査時CPK値の数値に異常がみられるます。

 

あわせてGOTやLDHの血液検査の数値が上昇しますので鑑別が可能です。
狭心症の血液検査時においては、GOTやLDHの数値には上昇は見られません。

 

あわせて血液検査で血沈を調べることがありますが、数値は正常値を表します。
このように狭心症における血液検査は、異常な数値を表さない特徴があります。

 

かえって異常な数値があった場合は、他の心筋梗塞等を疑う必要もあります。

 

狭心症は保険の見直しが必要

 

発症する可能性がある方、すでに発症している方は治療費用を考えて保険の見直しをすることをお勧めします。
無料で相談できる「保険コネクト」で検討してみてもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク